カンジダを治す方法

カンジダ膣炎は膣内や陰部に発生しますので、病院で診察を受けるのはどうしても抵抗を感じる、という方も多いと思います。 では自宅で治すにはどうすれば良いのでしょうか。

 

カンジダ亀頭包皮炎は男性器にブツブツができたり、白いカスが大量発生したりします。性病になってしまったのかもしれないと不安を感じる方も多いようです。カンジダ亀頭包皮炎は性病ではありません。自宅で治すことができます。 

男性カンジダを自宅で治す方法

 

カンジダ膣炎の治療方法

フェミプロバイオ

カンジダ膣炎の自宅での治療

 

国内の病院で処方してもらえるものと同じ成分の膣剤を使用する方法があります。

モニスタット」という膣剤で、アメリカでは病院で多く使用されている一般的なカンジダ治療薬です。

ミコナゾール」という成分の量によって、三日間服用するものと七日間服用するものとで分かれます。 三日間のものは約7千円、七日間のものは約6千円となっています。 この膣剤を用いて治療していく場合、一日に一度この薬を寝る前に膣に入れるだけで良いので非常に手軽です。

 

サプリメントを飲んでカンジダ菌の繁殖を抑える

 

ハーブなどが使われているサプリメントは、カンジダ菌の増殖を防ぐ効果があると言われています。

サプリメントは膣に入れる必要がなく、飲むだけでいいので膣に薬を入れることに抵抗があるという方でも続けやすいというメリットがあります。

このサプリメントはいくつか存在し、ネットなどで購入することができます。

 

カンジダ膣炎に効果的とされるサプリメントにはいくつか種類があります。

「オレガノオイル」という錠剤は、カンジダ菌が繁殖するのを防ぐ働きのあるオレガノを配合しています。 他にも菌が増えることを防ぎ免疫機能を上げるブラックウォールナッツや、「カンジタクリアスーパー」という殺菌作用のあるカプリル酸を配合したサプリメントも販売されています。

 

カンジダ膣炎に効果的なサプリメントを調べて行くなかで、他にも「フェミプロバイオ」と呼ばれるサプリメントを見つけました。 「フェミプロバイオ」はカンジダ菌の増殖を抑えるとされるデーデルライン桿菌が配合されています。
これらの成分によってアルカリ性になりかかっている膣内を正常な状態である酸性へと変え、カンジダ菌をやっつけてくれるとの説明書きがありました。
つまりカンジダ菌はアルカリ性の環境の中でどんどん繁殖していってしまうのです。

 

カンジタ対策サプリ詳細

 

      ※カンジタ対策専用サプリカンジタクリアー

カンジタクリアー

 

カンジダ(カンジタ)膣炎を再発させないために

 

カンジダ膣炎がやっかいなのは、一度治ったと思ってもまた再発してしまうことです。

なぜ再発してしまうのかというと、通常酸性であるはずの膣内が、免疫力の低下や善玉菌が減ってしまうことによりアルカリ性へと傾いてしまうからです。

カンジダ菌はアルカリ性を好むので、膣内がアルカリ性になることでカンジダ菌が再び増殖してしまいます。

 

膣内がアルカリ性に傾いてしまうのを防ぐにはどのようなことを行えばいいのでしょうか。
重要なのは善玉菌を増やすということです。善玉菌が減少すると、体の免疫力はどんどん低下していってしまいます。

 

そのため、カンジダ菌を増やさないためには善玉菌を一定の数留めておくことが大切なのです。 では善玉菌を体内に留めておくにはどうすれば良いのでしょうか。そのためには「8種・350億個乳酸菌」というサプリメントが有効です。 この「8種・350億個乳酸菌」と「オレガノオイル」を一緒に飲むことで、殺菌作用や免疫機能の向上が更に期待できます。

 

カンジダ膣炎の治療方法